*当ブログには広告が含まれます*

エレコム ECTK-G01UKBK を買った!

雑記

先月キーボードを買い替えまして、せっかくなので(何が)それまで使っていたキーボードの感想を書いたのが前回の記事になります。

今回は新しく購入したキーボードについて少し書いていきます。

ということでエレコムのECTK-G01UKBKです!

Amazonで買ったのですが化粧箱にラベル直貼りで届きました。
そんな気はしつつ置き配指定したので当然この姿で玄関に置かれてました😂

中身はシンプルです。
表面に凹凸のある交換用キーキャップと、キーキャップを簡単に外せる道具が付いてて嬉しい。

ほぼ全体がマットな質感ですが側面だけ光沢あります。
普通に指紋付くしここは好みが分かれそうですね。
個人的には光沢ない方が好きですが、どうせシャワーキャップ被せるので…😇

GALLERIA Gaming Keyboard(上)との比較。

テンキーレスなのでコンパクトです。
あと印字のフォントがかっこいい!

小さいけど重量は1kg近くあって結構ずっしりです。
それに加えて滑り止めもしっかりしてるので使ってるうちにズレていくとかはありません。

交換用キーキャップ、印字の無いフリーのやつはどこにでも使えるのかと思ってたら場所固定だった😂
対応箇所以外でも嵌らないことはないんだけど、やっぱ微妙に角度とか違うので止めました。

とりあえずFとCを替えてみました。
原神で崖とか登ってる途中で手を離そうとX押したつもりがC押しててキャラクター画面開いた…というのが頻発していたのですが、キーキャップ交換してからはなくなりました!
ちなみにXではなくCを替えたのは、この先Sキーも交換した場合ちょっと混乱するかな?と思ったからです。

パソコンに繋げてみました。
光るタイプなので光りますが色は選べません。赤一色です。
光の強弱やパターンは調節できます。
私は押したキーだけ光るパターンが好きですね。

光らないモデルより光るモデルの方が安かったので光る方を買ってオフにして使えばいいやと思ってたんですが、光るモデルは印字部分透けさせるように出来てるからオフにしちゃうと印字薄くて見づらいです😂

なので結局一番弱い光で使ってます😂
慣れてくるとかっこよくて、いろいろ光らせたい人達の気持ちも分かるなぁと思いました。

まあシャワーキャップなんですけど…。
写真だと光の加減で印字見えづらくなってそうに見えますが実際はちゃんと見えてます。

このシャワーキャップ、GALLERIA Gaming Keyboardにちょうどいいサイズだったのでテンキーレスで小さいECTK-G01UKBKにはブカブカ…。
裏でマスキングテープで止めてます🥺

こんな感じで約20日ほど使用していますが良い感じです!
打鍵感はGALLERIA Gaming Keyboardの方が軽め。
程よい打ち心地というか感触というか…タイピングもちょっと楽しくなりました。
ちなみにメカニカルの茶軸となっています。

音は結構カチャカチャしますが私は元々あまり力を入れずに打つタイプだからかそこまで気になりません。
でも多分職場とかで使うとうるせぇ…って思われるかも。
あとVCやゲーム実況などでマイクがキーボードの音拾っちゃうかもしれません。

あ、替えた所もう一つありました。
スペースバーがわずかに引っかかる感じがあったのと、角度が下の方が高いのがちょっと押しづらかったんですが
悪あがきで上下逆に付けてみたら両方とも解消しました。

これやって良いのか分からないけど今のところ問題起きてないので気にしません…😇

ECTK-G01UKBKはゲーミングキーボードですが機能は最低限な感じです。
簡単にWindowsキー/メニューキーを無効に出来るのと、全キー同時押しが出来るくらい。
それで十分という人にはコスパも良くおすすめです!

専用ソフトウェアとか必要ないのも個人的に良かったです。
もっと発光の色数とかパターンとかが多かったらソフトウェア管理の方が楽だとは思いますが、このモデルは単色&数パターンなので。

あとキーの中心がくぼんだ形状になってて(スペース以外)それがすごく打ちやすい…!
新しいキーボードに慣れるまでちょっとゲーム難しくなるかも?と思ってたけど特にそんな事はなくすぐに今まで通りプレイできました。
テンキーがなくなったことでマウスからキーボードへの距離が短くなって文章を打つのもちょっと楽になった!

いろんなキーボードを見てECTK-G01UKBKに決めましたが、最後まで悩んだのはロジクールのG213rです。
なんか、悩んだらこれ買っとけ!みたいな所あるじゃないですか。
メディアコントロール用のボタンやパームレストが付いてたり、色んな色に光ったり、なんか凄いじゃないですか。
それでいてECTK-G01UKBKとそこまで価格差があるわけでもなく。
ロジクールは無線マウスでお世話になってるし本当に悩みました。

…でもね、デカいんですよね。
テンキー付いてるしパームレストも外せないからデカいんですよね…。
シャワーキャップも入らない…(個人的に大事)

あとG213rはメンブレンなので、選んでた当時はメカニカル使いたいな~って気分だったのもあり…。
ECTK-G01UKBKは5000円台でメカニカルなの何気にすごいなっていうのもあって…。

そんな感じで今回はECTK-G01UKBKに決めたのでした。
盛り盛りを求めている人には物足りなさそうですが、個人的には満足です!

あとは耐久性がどれほどかって感じですね。
保証が6ヶ月なのがちょっと気になるところ…。
GALLERIA Gaming Keyboardよりは長持ちしてくれないと困る。笑

 



雑記
\ シェアする /
\ フォローする /
めもっちり
タイトルとURLをコピーしました